紅参で更年期障害を治そう

紅参と更年期障害

紅参更年期障害の症状を改善します。

 

 

更年期障害は、更年期(45〜55歳)に生じる
自律神経失調症状と精神症状などの不定愁訴の総称と考えられます。

 

 

更年期になると、加齢によって、卵巣機能の低下し、
卵巣から分泌される女性ホルモンであるエストロゲンの量が減ります。

 

 

このエストロゲンの減少が、
自律神経中枢に影響を及ぼして自律神経失調症を引き起こします。

 

 

また、更年期になると、心理的ストレスが
うつ症状や情緒不安定などの精神症状を引き起こします。

 

 

この自律神経失調症状と精神症状が、更年期障害の原因になります。

 

 

更年期症状には、個人差があります。

 

 

◆更年期障害の症状
・ほてり(ホットフラッシュ)
・のぼせ(顔がのぼせる)
・胸の痛み(乳房の痛み・動悸)
・頻脈
・多汗
・めまい・ふらつき・耳鳴り
・体がだるい(倦怠感)
・疲れやすい
・肥満(太る)
・むくみ
・頭痛・頭が重い
・冷え
・肩こり
・腰痛
・手足のしびれ

・イライラ
・不安
・うつ
・神経質
・睡眠障害
・意欲低下
・月経異常
・不正出血
・吐き気
・嘔吐
・食欲不振

 

 

このように、更年期障害には様々な症状があります。

 

 

西洋医学における更年期障害の治療法では、
不足したホルモンを補うため、注射や飲み薬でホルモン療法が行われます。

 

 

ただし、これは治療を止めると
また症状がぶり返してしまうという問題があります。

 

 

また、ホルモン療法は、不正出血、乳房のハリや痛み、
おりもの、下腹部のハリ、吐き気 などの副作用の恐れもあります。

 

 

紅参は更年期障害の改善に効果があるとされています。

 

 

紅参を服用すると、まず性ホルモンのバランスが整ってきます。

 

 

そのため、更年期障害の症状が現れず、自然と体の調子が良くなってきます。

 

 

また、紅参には自律神経の調整作用や
精神症状の緩和の効果もあることから、更年期の女性にとって有効な漢方といえるでしょう。

 

 

さらに、紅参は、冷え、ほてり、生理痛、胃腸症状の改善に効果を発揮します。