紅参は冷え性の改善に最適

紅参と冷え性

紅参冷え性によく効きます。

 

 

冷え性は万病の元ともいわれ、
肩こり、頭痛、腰痛、腹痛、生理痛、不眠などの原因となります。

 

 

例えば、冷えは不妊の原因の一つとも考えられています。

 

 

冷えは女性に多く、血行不良や更年期などが関係していると考えられています。

 

 

冷えの症状としては、手足の末端の冷え、体内の冷え、肌荒れ、生理痛、
生理不順、頭痛、めまい、腹痛、体のだるさ、不眠、自律神経の不調などが起こります。

 

 

冷えの原因は、食生活の乱れや生活習慣の乱れにあるとされています。

 

 

・ミネラル・ビタミンは不足傾向にあります。
・ 冷たい食べ物・飲み物や甘い食べ物の食べ過ぎ
・夏の野菜や果物の過剰摂取
・筋トレを伴わない、食事制限だけのダイエット
・冷暖房の使いすぎによる、体温調節機能の不調
・運動不足による筋肉量の減少
・薄着
・喫煙
・過度のストレスによる血行不良
・便秘
・たんぱく質の摂取量不足
・アルコールの過剰摂取
・シャワーのみで、湯船につからない

 

 

冷え性は、冬だけでなく、季節にかかわらず悩ませられる病気です。

 

 

西洋医学においては、
冷え性は病気とはされていませんが、あらゆる病気の原因となります。

 

 

冷え性の改善には、様々な方法がありますが、
やはり、体の内側から改善していかなければいけません。

 

 

そのために効果的なのが紅参であるといわれています。

 

 

紅参には、血流を促進し、血行を良くしてくれる効果があります。

 

 

紅参を摂取すると手足などの毛細血管が拡張し、
血液がたくさん流れ込み体を温めます。

 

 

また、紅参は赤血球を柔らかくし、細い血管を通過できるようにします。

 

 

毛細血管は直径が約3ミクロンですが、
赤血球はおよそ7〜8ミクロンと大きいのです。

 

 

そのため、通常の赤血球は変形し、細い血管を通過するようになっています。

 

 

ところが変形能力が低下すると
赤血球が通過できず、血液循環が悪化し、徐々に冷え性になっていきます。

 

 

紅参を摂取すると1〜3時間後に赤血球の変形能力が向上し、
毛細血管の先まで血液が行き届きます。

 

 

このことから、紅参は血液循環を向上させ、冷え性を改善してくれるのです。

 

 

また、冷え性は、自律神経の異常により血管が収縮し、
血液循環が悪くなるため起こります。

 

 

紅参には、自律神経を整える働きがありますので、
この点からいっても、冷え性の改善に効果があるといえます。