紅参は食欲不振や胃腸虚弱にピッタリ

紅参と食欲不振・胃腸虚弱

紅参食欲不振胃腸虚弱などの
胃腸疾患改善に効果があるとされています。

 

 

食欲不振とは、食欲が失われてしまった状態が続くことです。

 

 

食欲不振は、必要な栄養素を摂取することができませんので、
このような状況が長く続くと、心身に悪影響をもたらします。

 

 

食欲不振の原因は、ストレスや夏バテ、運動不足、
風邪や胃炎、胃腸の冷えなど身体の調子が悪いことです。

 

 

過度な疲労も食欲不振の原因と考えられます。

 

 

また、食欲不振によって以下の症状がでてきます。
・倦怠感
・頭痛
・めまい
・貧血
・吐き気

 

 

胃腸虚弱は、遺伝的・体質的な原因やストレスなどにより、
胃腸が本来の機能が低下し、胃腸の動きが弱くなっている状態です。

 

 

胃腸は、食物を消化し、必要な栄養を体内に吸収したり、
ウイルスや細菌を殺菌したりする大切な役割を持っています。

 

 

これらの消化器官はとてもデリケートで、ストレスや疲労、イライラなど、
様々な外的・内的要因の影響を受けやすく、すぐに不調をきたしてしまいます。

 

 

また、胃腸虚弱によって以下の症状がでてきます。
・胃腸の疲れ
・風邪をひきやすい
・便秘
・軟便
・腹痛
・お腹をこわしやすい

 

 

紅参の胃腸疾患に対する基本的な作用は、
痛みをとるというよりも、胃腸の機能を正常に保つように働きます。

 

 

胃腸は口から入ってきたものを
粉砕、殺菌、分解、吸収するという役割を持っています。

 

 

ストレスや病気などにより、この胃腸の機能は低下してしまいます。

 

 

そのため、食欲不振・胃腸虚弱だけでなく、
胃潰瘍、胃炎、消化不良なども症状として起こります。

 

 

これらは、胃腸の粘膜の血流の低下が原因といわれています。

 

 

紅参には、内臓の血流をよくして、機能改善をしてくれる働きがあります。

 

 

したがって、紅参を服用して胃腸の粘膜の血流を良くすれば、
胃腸の機能低下を防ぎ、本来の機能を維持することができます。

 

 

また、紅参にはガンを予防する働きもありますので、
食欲不振・胃腸虚弱の方はには紅参は最適な漢方です。