紅参で肝臓病が改善

紅参と肝臓病

紅参肝臓病の進行を止め、
他の病気を防ぐことができます。

 

 

肝臓病とは、肝臓の組織に炎症が起こった状態のことをいいます。

 

 

また、肝臓は炎症が起こっていることに気付きにくいという特徴があります。

 

 

◆肝臓病の原因
@ウイルス
肝炎ウイルスに感染することによって肝臓に炎症が起こります。
現在、A型、B型、C型、D型、E型、G型、TTV型などがあり、
特に、日本人に多いのはA型、B型、C型です。

 

Aアルコール性
長期間、酒などでアルコールを摂取し続けることによって起こります。
アルコールは肝臓でしか分解できないため、
長期的に大量のアルコールを摂取し続けると肝臓に大きな負担がかかります。

 

B薬剤の副作用
市販薬や処方箋などの薬剤の服用が原因で起こります。
薬剤自体の副作用からくる場合を中毒性肝障害といい、
薬剤成分のアレルギー反応による場合をアレルギー性肝障害といいます。

 

 

また、肝臓病における肝炎には、
症状や経過によって「急性肝炎」「慢性肝炎」「劇症肝炎」の3つがあります。

 

 

◆肝炎の症状
@急性肝炎
・肝臓の炎症が6ヵ月以内に治まるものです。
・風邪に似た症状に続き、黄疸などの症状が急に出現。
・適切な治療によって1〜2ヵ月で治ります。

 

A慢性肝炎
・肝臓の炎症が6ヵ月以上にわたって続きます。
・ 肝機能障害、肝臓の腫れが起こります。
・最悪の場合、肝硬変、肝臓がんに移行します。

 

B劇症肝炎
・急性肝炎のうち、肝細胞の破壊により肝臓の機能が維持できなくなった状態をいいます。
・黄疸の進行、腹水など肝不全状態が出現します。
・黄疸に加えて、吐き気や嘔吐、だるさが特徴です。
・劇症肝炎になると、うわ言、興奮・錯乱状態になりったりします。
・昏睡状態に陥って目覚めなくなるなど、意識障害が悪化します。

 

 

 

肝臓病で最近増えているのが、慢性肝炎、脂肪肝、アルコール性肝炎などです。

 

 

慢性肝炎は、B型、C型のウイルスによるものがほとんどで、
肝硬変や肝ガンに進行する可能性があります。

 

 

脂肪肝は、飲酒や肥満によって起こり、
飲酒を続けるとアルコール性肝炎になります。

 

 

これも放っておくと、肝硬変や肝ガンに進行する可能性があります。

 

 

肝臓病では肝細胞の破壊が進みます。

 

 

紅参は、肝臓の細胞を増やす働きがあり、
破壊された細胞を補うことができます。

 

 

例えば、部分切除後の肝再生率の増加作用効果があります。

 

 

また、肝臓病で起こる免疫異常も紅参の免疫調節作用により改善できます。

 

 

そして、紅参の服用を継続すると、GOT、GPT、γ-GTPの数値も改善されます。