紅参は糖尿病の合併症を予防できる

紅参と糖尿病

紅参糖尿病の症状をコントロールできます。

 

 

糖尿病とは、インスリンの作用が十分でないため、
血糖値が高くなっている状態のことです。

 

 

糖尿病は、4つのタイプに分けられます。

 

◆糖尿病のタイプ

 

@1型糖尿病
1型糖尿病は、子供の頃から始まるケースが多く、
体内で生産するインスリンの量が絶対的に足りなくなって起こり、
インスリン依存型糖尿病と呼ばれていました。

 

 

A2型糖尿病
2型糖尿病は、食生活や生活習慣などが原因で
インスリンの出る量が少なくなったりするパターンや、
筋肉などの細胞にインスリンが作用しなくなるパターンがあります。

 

日本人は欧米人に比べて、
遺伝的にインスリン分泌が弱い人が多いといわれています。

 

遺伝的な要因に加え、運動不足、肥満、ストレスなどの
生活習慣や加齢といった条件が加わって発症するとされています。

 

わが国の糖尿病の95%以上はこのタイプで、
インスリン非依存型糖尿病と呼ばれていました。

 

 

B妊娠糖尿病
妊娠中になりやすい妊娠糖尿病は、
糖尿病に至っていない糖代謝異常のことをいいます。

 

妊娠中に胎盤から分泌されるホルモンが、
インスリンの働きを抑える作用もあるため、血糖が上昇しやすくなります。

 

 

C特定の条件による糖尿病
遺伝子の異常や薬剤の副作用によっても、糖尿病になる場合があります。

 

 

糖尿病で一番厄介なのは、合併症です。

 

 

糖尿病自体が原因で死ぬことはありませんが、
糖尿病からくる合併症では、最悪の場合死ぬこともあります。

 

 

◆糖尿病の合併症
・網膜症、白内障
・心筋梗塞
・神経障害
・腎臓障害
・高血圧
・壊疽(えそ)
・膀胱炎
・脳卒中

 

 

紅参が効果を発揮するのは、
糖尿病の中でも2型糖尿病についてです。

 

 

紅参は型糖尿病の症状をコントロールでき、
さらに糖尿病の合併症の予防ができます。

 

 

それは、紅参にはインスリン様作用があるため
血糖値のコントロールをすることができるからです。

 

 

また、紅参を服用した場合、
糖尿病が原因で硬くなった血管の柔軟性を回復したり、
成分が悪くなった血液成分を改善したりすることができます。

 

 

その結果、血流が良くなると、
壊疽(えそ)や網膜症の予防にも繋がります。

 

 

このように、紅参は糖尿病の方の強い味方になるでしょう。