紅参(高麗人参、朝鮮人参)の摂取方法

紅参(高麗人参、朝鮮人参)の摂取方法

紅参(高麗人参、朝鮮人参)の摂取方法

紅参(高麗人参、朝鮮人参)の摂取方法

紅参高麗人参朝鮮人参)の摂取方法は様々です。

 

 

摂取方法として、紅参をそのまま調理する場合は、
手間もかかるし、とてもクセがある味のため毎日は難しいでしょう。

 

 

そのため、お茶、丸薬、エキス、カプセル、錠剤の形の方が
簡単に継続的に摂取することができます。

 

 

紅蔘は基本的にどの形態でも食前、食後、食間、いつ摂取しても大丈夫です。

 

 

基本的に漢方薬は、成分の吸収を良くするため空腹時に摂取するように勧められています。

 

 

基本的な紅参の摂取方法

・早めの吸収を目的とする場合、食前や食間に摂取するのをお勧めしております。

 

・空腹時摂取すると、胃に不快感がある方は食後に摂取してください。

 

・最低でも1ヶ月以上、継続的に摂取しましょう。

 

 

また、目的によって、紅参の摂取タイミングは様々です。

 

 

目的別の紅参(高麗人参、朝鮮人参)の摂取方法

・1日の活力を得たい場合は、 朝に摂取するようにしましょう。

 

・朝起きられない方は、目覚めを良くするため、就寝前に摂取しましょう。

 

・体調の優れない、病気の方は、夜の服用を中心に考えて摂取しましょう。

 

 

人は寝ている間に体の歪みを修正しようとします。

 

 

また、紅参には人体を調整する機能があるので、
紅参を夜〜就寝前にかけて摂取すると、就寝中の歪みの修正を手助けしてくれます。

 

 

製品別の紅参(高麗人参、朝鮮人参)の摂取方法

(エキスタイプ)

そのまま飲むか、水またはぬるま湯に溶かして飲みましょう。
1日3杯を目安 (はじめての方は1日1杯から)

 

(抽出液タイプ)

1日あたり、1〜3袋を目安にのみましょう。

 

(粉末、お茶タイプ)

1日あたり1〜3包を目安にお湯に溶かして飲みましょう。
※お酒、料理、牛乳などに混ぜてもOK。
 韓国では、二日酔いを防ぐためお酒に混ぜて飲む方が多いそうです。

 

(錠剤タイプ)

1日あたり規定の摂取量を、3回に分けて、お湯やお水で飲みましょう。
※ミキサーで砕いておけば、鍋料理などの出汁など、料理にも利用できます。

 

(ドリンクタイプ)

1日1本を目安にして、飲みましょう。
※飲みにくい場合は、炭酸飲料で割ると、さっぱりした味になります。