紅参の摂取量ってどれくらい

紅参の摂取量

紅参摂取量は体の状態によって違います。

 

 

一般的には、利用している紅参商品の
摂取量を守っていれば間違いはないのですが、
効果的かつ効率的に摂取したい方は参考にしてください。

 

 

◆元気そうなのに不快な症状がある方

 

 この場合は多めに摂取します。

 

 1日あたり4.5〜6g(紅参エキス換算)

 

 

◆弱々しく不快な症状がある方

 

 この場合は少なめに摂取します。

 

 1日あたり3〜4.5g(紅参エキス換算)

 

 

◆不快な症状が興奮的な方

 

 この場合は多めに摂取します。

 

 1日あたり4.5〜6g(紅参エキス換算)

 

 

◆不快な症状が抑制的な方

 

 この場合は少なめに摂取します。

 

 1日あたり3〜4.5g(紅参エキス換算)

 

 

また、どのような症状でも
改善効果が現れるまでは最低4〜8週間が必要です。

 

 

紅参は服用を中止すると元に戻るので継続的に摂取することが重要です。

 

 

◆製品別の摂取量
(エキスタイプ)
そのまま飲むか、水またはぬるま湯に溶かして飲みましょう。
1日3杯を目安 (はじめての方は1日1杯から)

 

(抽出液タイプ)
1日あたり、1〜3袋を目安にのみましょう。

 

(粉末、お茶タイプ)
1日あたり1〜3包を目安にお湯に溶かして飲みましょう。
※お酒、料理、牛乳などに混ぜてもOK。
 韓国では、二日酔いを防ぐためお酒に混ぜて飲む方が多いそうです。

 

(錠剤タイプ)
1日あたり規定の摂取量を、3回に分けて、お湯やお水で飲みましょう。
※ミキサーで砕いておけば、鍋料理などの出汁など、料理にも利用できます。

 

(ドリンクタイプ)
1日1本を目安にして、飲みましょう。
※飲みにくい場合は、炭酸飲料で割ると、さっぱりした味になります。

 

 

基本的に紅参は、摂取量の上限はありません。

 

 

しかし、だからといって過剰に摂取することはお勧めしません。

 

 

紅参の摂取量の基準は、1日に10gまでとされていますが、
摂取する方の体質によっても、摂取量は異なります。

 

 

少量でも強いと感じる方は、体にあった摂取量で続けましょう。